FC2ブログ
アニメ と ギャルゲ と 声優さん
主にアニメや声優ギャルゲーについて書いていこうと思います。
あまえないでよ!!喝!! 第十一話 あまえないでよっ!!
 あまえないでよ!!喝!! 第十一話 あまえないでよっ!! の感想をお届けします。
『新章 西洋幽霊篇』
 夜も更け霧が濃くなった波止場。 入港予定に無い一隻の大型船籍が現れた。 波止場の男達はその船の異様さと様相に驚きを隠せなかった。 その船には、通常であれば付いていてはいけない物・・・『主砲』が付いていた。 戦艦である。 さらに、寂れたその戦艦からは、無数の『翼を持つ骸骨』が飛び出してきた。

 逃げ惑う人々。 街はパニックに陥っていた。

 一人称を『ミー』と呼ぶそのおフランス帰りの老人は、「ミーの幽霊学説を全否定した日本の学界に復讐するノダ!」と豪語していた。

 そこに立ちはだかる『六道の乙女』たち。 

 語りモードに入った老人の被害妄想を見た雛美が思わず「なんだったら、私たちがお友達からお付き合いを・・・」と提案すると、一斉に否定的な「エェー!!」が入り春佳は「趣味じゃないかも・・・」と言い放った。 陽は「南無、ナム、なむ」

 乙女達の言いたい放題にキレたおフランス帰りの老人は、『七つの軍団』と称する西洋幽霊を差し向ける。 その数のあまりの多さに、「こういうときは」「こういうときこそ」と逸剛を呼んだ・・・が、当の逸剛はアイマスクをかけられ口には猿轡(・・・厳密には他の名称があるのですが・・・) えびぞりの姿勢で手足を縛られていた・・・ 通知表がオール1だったことに対する浄徳からの罰なのである。
 
 ことごとく無視されていたおフランス帰りの老人により『ショウタイム』が始まった。
(声はすれども・・・ 逸剛のアップと・・・ 陽の官能小説朗読が少し・・・)

 そのとき、またまたやってきた一希が逸剛のアイマスクを外し乙女達の現状を見せる・・・ 
 瞬時に覚醒した逸剛は、コレまで以上の力を解放し事も無げに西洋幽霊を駆逐していった。

『新章 西洋幽霊篇』 終了


 寺に帰り千歳と口喧嘩の後倒れこむ逸剛。 いつも以上に力を開放したため体に負担が掛かっていたのである。

 
 夏休み、逸剛たちは修行に明け暮れ、休みもあっという間に過ぎていった。

 休み明け、学校の帰り道。 逸剛は自分達を付回す一希と目が合う。と、一希は何も言わず走り去ってしまう。

 逸剛は千歳に追いかけるように言われ慌てて追いかける。 そこで「わたしと逃げて」と一希に抱きつかれる逸剛だった。




 物語りも佳境に・・・ と思っていたら次回で終わりですか・・・orz

 一希の気持ちを知り、自分の気持ちを抑え後を追わせた千歳。 一緒に逃げようと言う一希・・・。 逸剛の運命やいかに・・・ 結果は見えてるような気はしますが・・・。

 千歳が、おフランス帰りの老人に「ちょとぉ! そこのふざけた格好のあなた」の台詞で『あなた』の部分の声の裏返りようは、なかなか真に迫っていたと言うか、可愛らしかったです。 ・・・ たぶん思わず裏返ったんだと思いますが、結果オーライ? いい味出てました。

『It's show time』は、見てみたかったですね・・・ 中には楽しんでいる人もいたようですけど・・・ 中でも、結子の「あたしには何もしないのかよー!!」は、笑いました。 抑揚無く読む陽の官能小説朗読は良かったですね


「明るく 優しく 朗らかに 」それが心正しいと言うこと・・・ なんか、いいですね。

 このようなはっちゃけた作品は希少なので、次回で終わりだなんて、なんか寂しい気がします・・・。
スポンサーサイト



テーマ:あまえないでよっ!!喝!! - ジャンル:アニメ・コミック

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://rraann.blog32.fc2.com/tb.php/79-b2aa66a0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック