fc2ブログ
アニメ と ギャルゲ と 声優さん
主にアニメや声優ギャルゲーについて書いていこうと思います。
かしまし ~ガール・ミーツ・ガール~ 第五話 やす菜の目に映るもの
 かしまし ~ガール・ミーツ・ガール~ 第五話 やす菜の目に映るもの の感想をお届けします。
 並子先生に去年の写生大会の絵を持ってくるように頼まれたはずむは、宇宙仁と共に美術室に向かう。 そこではずむは、やす菜の絵にはずむ以外の男の子の姿が描かれておらず、自分が彼女について何も知らないことを知る。

 写生大会当日、一緒に描こうととまりとやす菜に誘われるはずむ。 三人で描くことになったのだが、とまりとやす菜は風景を描かずにはずむを描くという。
 我慢できず一方的にやす菜を攻め立てるとまりを止めるはずむ。

 放課後、二人が世話をしている花壇の前で立ち尽くすやす菜。 一緒に帰ろうというはずむの申し出に首を横に振る。
 とまりの言う通りはずむの傍にいない方がいいと立ち去ろうとするやす菜を引き止めるはずむ。「やすなの事を教えて欲しい」と。

 黄昏に染まる教室、やす菜は打ち明けた。 やす菜の目は物心が付いたときから男性を識別することが出来ないことを・・・。 知らないうちにいろんな人を傷つけたことを・・・。 一人で生きて行こうと決心したことを・・・。親しくならなければ誰も傷つけることはないから・・・。
 そして、唯一やす菜の目に映った男の子がはずむだったこと。 何かのきっかけで消えてしまうような恐怖から素直にはずむを受け入れられなかったこと。 それを、後悔したこと。を・・・。

 教室を飛び出したやす菜は、しばらく紅く染まる校庭を眺めていたやす菜は、ある決心を胸にはずむのいる教室に向かう。

 教室に残っていたはずむの手に自らの手を重ねるやす菜。
 「もう、後悔したくないの・・・」 ゆっくりと顔を近づけてくるやす菜。
 一人ぼっちで傷ついてきたやす菜。
 「ぼくが、受け止めてあげなくちゃ」 やす菜を受け入れるはずむ。

 ふたりの唇がふれあったその時、補習が終わり教室に戻ってきたとまりの姿が・・・。





 打ち明けられたやす菜の真実。 男性を識別することが出来ず相手を傷つけ、その分だけ自分も傷つき一人で生きて行こうと決めていた・・・。 せつないですね・・・ 恐らくこの事は母親にさえ話していないのでしょう・・・ 幼い頃から、自分さえ我慢すれば、一人でいれば誰も傷つかない・・・ 唯一見える男の子はずむに出会い告白されても、見えなくなってしまう恐怖に駆られ断りはずむを傷つけ自分も後悔する・・・ 不器用なんですよね生き方が・・・ 私も同じようなものなので解るような気がします。

 とまりも同じようなものですね。 幼い頃からはずむの事を守ってきたとまりは、明らかにはずむのことが好きで、男であろうと女であろうと「はずむははずむだろ!」と言いながらも、女の子であるはずむに抵抗を感じている。

 第一話の衝撃のオープニングの真相が明らかになった訳ですが・・・ はずむに告白され、断ったものの今度は自分から告白し、チウまでしたやす菜に対し、何のアクションも起していないとまり・・・ 彼女が報われる日は来るのでしょうか・・・?
スポンサーサイト



テーマ:かしまし ~ガール・ミーツ・ガール~ - ジャンル:アニメ・コミック

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://rraann.blog32.fc2.com/tb.php/58-a332644a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック