FC2ブログ
アニメ と ギャルゲ と 声優さん
主にアニメや声優ギャルゲーについて書いていこうと思います。
To Heart 第8話 ロボットの夢
 只今『GyaO』にて配信中の『To Heart』の感想をお届けします。
 来栖大学のオープンキャンパスに行くことになった浩之とあかり。 電車を降り大学行きのバスを捜していると同じくバスを捜しているマルチとばったり・・・ 彼女は長瀬主任に資料を届けに来たのだと言う。 浩之とあかりは会場へマルチは長瀬主任の所へそれぞれ向かう。
 資料を届け終え帰ろうとするマルチは、大学内で活動するメイドロボットのフィールに呼び止められお話をすることになる。 
 しばらく話をする二人。だが、浩之と共にやってくる長瀬主任の姿を見るや否やフィールはあわただしく立ち去ってしまう。
 フィールと一緒に「お花きれいですね」という話をしていたと聞いた長瀬主任は愕然とする。そして浩之の背後に「感じます強い妖気を・・・」芹香さま黒魔術同好会だったのですね・・・。

 感情プログラムを搭載したマルチの一つ前の試作型ロボットフィール。ハード面の性能が追いつかず彼女が起動することは無かった。 そして感情プログラムの考案者の死で、フィールの開発は感情プログラムではなく機能性重視で進められた。その無念のためか開発者の霊がフィールを動かしていた。それが引き金となりOSを初期化されたはずの彼女の無念を呼び起こす。
 フィールは、駆け寄ったマルチを捕らえ近づくとマルチと共に飛び降りると言う。 しかし、マルチが自分のハード面の欠点を補って作られた『妹』であることを告げられたフィールは、マルチに見守られ逝ってしまう。
 そして、浩之はマルチやフィールの役に立つことを捜してみたいとロボット工学を目指すと決心する。が、それが、引き金となり今度はあかりの不満が爆発した。

 実現できなかった『作る側』の無念、作り手の想いに答えられなかった『作られる側』の無念。作られた物には魂が宿ると聞いたことがあります。今回のお話はそれの典型的な例だと言えると思います。なんにしても一生懸命作ったものにはどんなに不細工でも愛着が湧くものですよね。
 そして、ついにあかりさん爆発です・・・ どうする浩之! 見ものです。

 PS、琴音ちゃん髪切ってた・・・。ほんの数秒の出番なのに・・・(コマカイデスネ・・・)
スポンサーサイト



テーマ:感想 - ジャンル:アニメ・コミック

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://rraann.blog32.fc2.com/tb.php/29-94ec8c36
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック