FC2ブログ
アニメ と ギャルゲ と 声優さん
主にアニメや声優ギャルゲーについて書いていこうと思います。
To Heart 第6話 思い出の街、思い出の人
 只今『GyaO』にて配信中の『To Heart』の感想をお届けします。
 雅史のプロサッカー球団入団テストの日。 浩之、あかり、マルチ、志保の4人は神戸まで応援しに行くことになった。
 神戸に着いた浩之たちは大学の下見を兼ねて帰郷していた学級委員長?の智子とばったり出会う。 智子は震災にあった父の会社を手伝いたいと申し出るが、「智子は自分の好きな道を行くべきだ」と智子の申し出をやんわりと断る。
 
 一方、マルチのメンテナンスで手惑った浩之は雅史の合格の瞬間に立ち会うことは出来なかった。 そして、智子に呼び出され相談に乗ると共に自分の気持ちを再確認する。

 雅史の合格祝いの会場に向かうあかりと雅史。あかりは正直に浩之のことが好きだと言う。しかし、浩之の本当の気持ちはわからない。 浩之の気持ちを聞いてあげるとの雅史の申し出を断るあかりは「待ってみると」言う。

 そして、部屋で休んでいたマルチに接続されているパソコンに、浩之の顔が映し出される・・・何枚も・・・。


 今回のテーマは『一途な想い』と言ったところでしょうか? 自分を信じて決めた道を突き進む。言うのは簡単なことなんですけど実行できる人は果してどのくらいいるのでしょうか・・・?
 作品中で長瀬主任が言っていました「出来ない、無理だ、そこからがスタートだよ私たちの仕事は」と、以前にも書きましたが、今私たちが感じている『限界』は本当の限界ではなく、辛い事から逃げ出したい自分の弱い心が作り出した偽りの限界なのかもしれませんね。
 「諦めたらそこで試合終了ですよ」これは知る人ぞ知る有名なお言葉なのですが、言いたいことは同じだと思います。
 まぁ、それは単なる精神論だと言われればそれまでなのですが、それでも、『継続は力なり』続けることで思わぬところで突破口が開けるかもしれません。 が、止めてしまえば文字通り試合終了です。

 しかしながら少しばかり矛盾になるかも知れませんが、どこかで間違い性に合わない、などということも少なからずあると思います。そのときはすっぱり切り替える勇気も必要になると思います。その見極めこそが重要でありそして難しくもあるんですよね・・・。
スポンサーサイト



テーマ:感想 - ジャンル:アニメ・コミック

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://rraann.blog32.fc2.com/tb.php/27-abea6536
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック